シンクスタジオコラム

syncstudio.exblog.jp
ブログトップ

タグ:プロダクト ( 11 ) タグの人気記事


2010年 02月 08日

ニコニコマーク

杉本です。
週末に(仮称)仁川の家の工事請負契約を結びました。
初回の見積りは沢山の夢を詰め込みすぎて、少し予算オーバーでしたが
きっちり調整して金額内に収めることが出来ました。

d0115217_16171892.jpg

写真は契約時の様子です。

工事して頂く工務店は、神戸の高柴商事さん。
半年ほどの工事期間になりますが、なにとぞよろしくお願い致します。

今回の工事でシンクスタジオとして、一つ新しい試みをしてみようと考えています。

建設業という沢山の廃棄物を出す業界で働いていると、設計者としても
工事の中ですこしでも無駄をなくせるものはないかと考えるものです。
その中で出会ったBBeng という会社のQPFシリーズという製品。

d0115217_2055232.jpg

どういった材料か簡単に説明すると・・・。
普段はなかなか一般の人の目につくことはない材料ですが、コンクリートを打設する際に
配管を通す為の穴を空けておく材料で、紙製配管用スリーブ材というものがあります。
コンクリートが固まったら、とりはずして使い捨てる材料です。

紙で出来ている製品をポリプロピレンに置き換えることで、何度も使え環境に優しいと
いうことと、コンクリートとの剥離が容易なので、作業性が向上するという商品です。
普段の生活に置き換えると、割り箸をマイ箸に替えるというたとえが一番しっくり来るでしょうか。
3回程使うと元が取れ、それ以上使うとコスト削減にもつながるということです。
実際の使い方の動画はこんな感じです。

d0115217_16174371.jpg

監督さんと実際の使い方を打ち合せしている様子

d0115217_16173391.jpg

この商品のおもしろいところは、エコであるだけではなく、機能を兼ねたニコちゃんマークの
デザインが秀逸です。
実際に使用する職人さんも、笑顔になるような商品ですね。
プロダクトのデザインにはこういう見ていて楽しくなるデザインも大事なことだと思います。
社長の尾子さんがデザインされたそうですが、プロダクトデザインの才能もあるかたです。

シンクスタジオが使うだけでは大したエコにはなりませんが、同業の設計者や知り合いの工務店に
周知することで、広がりをみせてくれればと思っています。
面白い商品を作り出す会社は出来る限り応援していかなければなりません。
仁川の家の基礎コンクリート打設の際に使ってみて、またレポート致します。
[PR]

by syncstudio | 2010-02-08 19:53 | 宝塚 仁川の住宅
2009年 12月 10日

黒皮鉄

杉本です。
今日、お歳暮が届いたので中を開けてみると
不思議な物体が入っていました。

d0115217_16164372.jpg

使い方がわからず、メーカーのサイトaizaraで調べてみると
このような使い方をするようです。

 プレゼントの主は、以前にシンクスタジオ事務所を見て頂いて、
その際に私が鉄について熱く語ったことを覚えていて下さったんだと思います。
心遣いが伝わるプレゼントはうれしいものですね。
風合いも良い感じで、黒皮鉄の什器満載のシンクスタジオにもぴったり合います。
お気に入りの一品になりそうです。

兼本さんありがとうございました。大切に使わせて頂きます。
[PR]

by syncstudio | 2009-12-10 16:21 | プロダクト
2009年 10月 14日

I wanna rock with you

杉本です。
近頃、秋の夜長に読書用に欲しいもの。
d0115217_1973316.jpg

机宏典さんrock7

セブンチェアをロッキングチェアにするアタッチメントです。
セブンチェアは長時間座ると座面の角度が深くて疲れるので角度を変えれていいかもしれません。
ロッキングチェアを買うと置き場に困るのでこれならすぐに外せてよいですね。
まだ日本では手に入らないようですが、はやく試してみたいプロダクトです。
[PR]

by syncstudio | 2009-10-14 19:09 | プロダクト
2009年 08月 04日

モビール

杉本です。
長い梅雨があけて一気に夏が加速した感じがしますね。

d0115217_1854193.jpg


写真家の友人からいただいた、
フレンステッド・モビールのハリネズミ君。
暑い夏を少しだけ涼しくしてくれています。
[PR]

by syncstudio | 2009-08-04 16:30 | プロダクト
2009年 01月 07日

うし好きに理由なんてありません

2009年お正月の飾り付けとして以前から欲しかったd-torso
「丑段」を購入しました。

d0115217_17221587.jpg

d0115217_17503873.gif


建築家の塩塚隆生氏がアトリエを設計した事で知った大分の会社なのですが、事業の内容が非常にユニークです。
本当はホースマンなどもっと大きいのが欲しいのですが、奥様に怒られるので小さいサイズで我慢しました。

d0115217_17225654.jpg

d0115217_1723792.jpg


私、幼少時より何故か牛を描いたり作ったりするのが好きなんです、もちろん食べるのも。
さらに牛好きを証明する私専用のクリップ。なぜクリップが牛かって?理由なんてありません(^-^;
丑段は休憩時間にこそこそと作りました。製作時間およそ15分。
普段ミルクを飲んだり、お肉を頂いたりしているわけですから、丑年くらいこの牛を
シンクスタジオの神棚に飾っておこうと思います。
[PR]

by syncstudio | 2009-01-07 17:53 | プロダクト
2008年 12月 11日

鍵の服

突然ですが皆さんは幾つ鍵をお持ちですか?
家の鍵、事務所の鍵、クルマの鍵etc・・。
鍵の数だけ人生が縛られているとどこかで読んだ様な気もしますが、だれでも
ひとつ以上の鍵をもっているのが現実だと思います。

そういう私も自邸兼事務所を建ててから4ヶ月程になりますが、今だに家玄関と
事務所玄関の鍵を間違えて困っていました。
マーキングしたり色々と工夫してきましたがシールや塗料だとすぐに取れてしまう
のでいい方法はないかと思案していたところ先日ネットでいい物を見つけました。鍵の服

大阪高槻で工房を営んでおられるクアトロガッツさんの商品です。

d0115217_15171863.jpg


どうですかわいいでしょう?他にも色々革製品を作っておられます。
愛想の無い鍵にも服を着せて上げることで愛らしい存在になりますね。
みなさんもおひとつどうですか?
[PR]

by syncstudio | 2008-12-11 15:46 | プロダクト
2008年 10月 31日

建築家の皆様へ朗報!!!

d0115217_1958576.jpg

あなたの仕事がこれで激減!!

デザインはスギコレの時にご一緒させて頂いた寺田尚樹さん。
寺田さんのデザインはエスプリが効いていて、見ていて楽しくなります。
色、素材の使い方は天才ですね。到底真似出来ません。

近日発売ですので皆さん沢山買いましょう。
[PR]

by syncstudio | 2008-10-31 20:01 | 建築諸々
2008年 05月 24日

原点回帰

d0115217_12574980.jpg


ご存知モールスキンにカラーバリエーションが一気に増えるようです。
来年からまた戻そうかな。。。
ちなみにネタ元はここ。こんな新聞あるのご存知でした???
[PR]

by syncstudio | 2008-05-24 12:59 | プロダクト
2007年 11月 15日

気が早いですか?

d0115217_16215368.jpg

年末の話題が続きますが、来年の私デコのスケジュール帳。
モールスキンを長年愛用して来ましたが、気分転換に来年は新しいのにチャレンジ。
ネットで購入しましたが、蛇腹の使い勝手は・・・。
来年のお楽しみにしておきます・・・。
[PR]

by syncstudio | 2007-11-15 16:28 | プロダクト
2007年 10月 08日

難しい質問

最近、生徒からこんな質問をされました。
生徒「先生、デザイナーって儲かるんですか???」
私『・・・他の人は知らないけど、私は全然儲かってません。すみません』
生徒「じゃあ自己満足の為にやっているのですか?」
私『なかなか辛辣なお言葉ですね・・・全部じゃないけど。おおよそ当たってます・・・』
とは言えず講師の仕事の手前、『社会の中でウンタラカンタラ・・地域性が
ナンタラカンタラ・・・てなわけです』とお茶を濁しました。

もちろんデザイン業でも高級車に乗ってる人も多いですし、社会性を考えて
デザインすることもあるとは思いますが、本当のところのデザインを生業とする理由は、
私はその二つ以外のところにあると思います。

d0115217_23541420.jpg


たとえば例を上げると、最近気になったプロダクト。
SAKURASAKU glass

「気付き」というか「価値観を見いだす」というか、とにかくこんなのが好きです。
「ハッ!」とさせられると「ムフッ♡」となります。これじゃただの変態ですね(笑)
デザインしている人が口を揃えて言う言葉に「神が下りて来る瞬間」というのがあります。
あーでもないこーでもないと悩み続けていると、とつぜん「ハッ!」として「ムフッ♡」と
なるときがあります。
これが想像以上の快感なんですね。一度味わうと止められません。
それが誰かを少しでも幸せにしたり、評価されるような事があれば、猿のようにのめり込みます。
私にとって、デザインを生業とする理由は、仕事は苦しい時が殆どですが、時折ランナーズハイのように
快楽を得ることができれば、贅沢しないまでも、なんとか一生楽しく生きて行けるだろう。そんな安易な考えです。
学生の皆様はこんな不良講師の真似などせず、立派な儲かるデザイナーになって頂きたいと思います。
(text by Deco)
[PR]

by syncstudio | 2007-10-08 20:54 | 講師の仕事