シンクスタジオコラム

syncstudio.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

久々の登場なのに・・・

d0115217_2364552.jpg
アルが耳血腫という病気になってしまいました。
レトリバー系の大きな犬に多い病気のようですが、
包帯が痛々しいです。
でも、体は元気なので黄色いエリザベスをドアや電信柱に
ガンガンぶつけながら散歩しています。
早く治りますように!
[PR]

by syncstudio | 2008-04-30 23:13 | 今週のアレキサンダー
2008年 04月 26日

焼肉 万両

こんにちは、先日誕生日を迎えたミヤタです。
そのお祝いということで焼肉に連れて行ってもらいました。

今回の店は初めて行く「万両 東天満店」。
本店は南森町にあるのですが、席数が少なく予約がとれず・・・。
東天満店も着いたら満席で、
予約をしてなければ入れない状態でした。

まずドリンクを注文しようとメニューを見ると、
なんとウーロン茶、コーン茶などは無料!
アルコール飲まない人にはありがたいです。
この店は肉の質、量とも
コストパフォーマンスの高い店として有名なようです。

d0115217_1913259.jpg

生レバー

d0115217_1913213.jpg

塩タン
キムチ盛り合わせ
塩テッチャン
塩ミノ

d0115217_19134092.jpg

ゴマの葉おにぎり

と、この辺りから写真を撮るのも忘れ、
ひたすらタレ系の肉を食べまくり、
最後に追加でオーダーしたのが、
特選上バラ、これで1人前です。
d0115217_1913578.jpg

締めはそろって冷麺を食べ、
満腹で店を出ました。

ごちそうさまでした。


万両 東天満店
大阪市北区天満2−7−25 塩見ビル1F
TEL 06-6882-0221
[月~金]17:00~翌1:00
[土・日]17:00~24:00
[PR]

by syncstudio | 2008-04-26 20:36 | おいしいもの
2008年 04月 22日

竣工写真

写真家の母倉さんに撮って頂いた宝塚リノベーションの竣工写真が出来上がりました。

写真撮影/母倉写真事務所 
担当 母倉知樹

d0115217_2050282.jpg

d0115217_20501710.jpg

d0115217_2050303.jpg

d0115217_2051177.jpg

d0115217_20512023.jpg

d0115217_20514110.jpg

d0115217_2051571.jpg

d0115217_20521574.jpg


CONCEPT

築17年壁式コンクリート造の105平米、全面リノベーションである。
建築主のご家族から以前より、一戸建ての相談を受けていたが、時間的な諸事情により
マンションの改修を選ばざるを得ない経緯があった。
本来は一戸建てに住みたかった海外旅行が趣味の建築主から与えられたテーマとして、
マンションの限られた専有部分の中で「屋外」を感じる空間が欲しいということ。
退屈になりがちなマンションプランの中に「意外性」を取り入れて欲しいということを
課題として投げかけられた。

構造的に取り除くことができない多くの壁がある空間に、出来る限り広がりを持たせる
為に、元は3LDKだったプランを寝室とそれ以外の一室空間に大きく二分し、一室空間
の中に諸機能を当てはめて行く方法によりプランを決定していった。
南側の最も良い場所であった出窓のある空間を、リビングと一体になったバスルームに置き換え、
バスルームとしてよりも、折戸を開くことでオンオフ可能なインナーテラスとして空間的な広がり
を持たせた。
構造的に取ることの出来ない一続きの壁の存在を、肯定的に捉え直し、白い一室空間の中に
ゼブラウッドの茶色のボックスを置いたように配置することで視覚的なコントラストを意図している。

年月をかけて、ゼブラウッドのボックスは民族家具で囲まれ、インナーテラスは
屋外のように植物で埋め尽くされるだろう。
その時、白い空間の中に入れ子のように、茶色と緑のボリュームが浮かび上がり、
この家は完成する予定である。

PROJECT NAME 「T.T.R」
設計・監理/一級建築士事務所 シンクスタジオ
担当 杉本清史 宮田英輝
キッチン設計 杉本亜希
施工/株式会社 井上工務店
担当 横江弘次 金谷隆行
[PR]

by syncstudio | 2008-04-22 23:53 | 宝塚 T邸リノベーション
2008年 04月 18日

「船、山にのぼる」

この時期はよく雨が降りますね。現場も少々遅れ気味です・・。
雨降りなのでたまには映画の話題でも。

淀川の側で生まれ育ち、学生時代にのめり込んだカヤックを通じて
各地の川を下っていたので、川に対しては人一倍興味があります。
10年程前にこのプロジェクトを知り、実際に現地にも行って灰塚を
自分の目で見て「ガツン」とやられました。

「船、山にのぼる」

過疎の問題や、ダム行政、どれも受け入れざるを得ない切ない事実の中で
途方もなく長いお伽噺が「刻印」される様子を描いています。
12年をかけた航海もこの映画によりひとまず「漂着」します。

私自身「建築ってなんだろう」と日々自問自答しながら生活しているわけですが、
結局のところ、建築の出来ることは単なる物質の集合体に、その場所の歴史や
そこに住む人達の記憶を刻み込むことだと思っています。
10年前感じた事にブレがないか映画館で確かめてみようと思います。
[PR]

by syncstudio | 2008-04-18 09:41 | 映画
2008年 04月 14日

ほっぺたの落ちる話

d0115217_8532667.jpg

少し時間がたってしまいましたが、宝塚T邸の建築主にお寿司に連れて行って頂きました。
場所は池田の「鮨処 あや」住宅地の中に普通の家を改装されて営んでおられます。
Tさんからは「美味し過ぎてびっくりしますよ〜」と聞いていましたが、まさに言葉通り。
北摂でこれだけのお寿司を頂けるのは驚きです。
沢山のお食事にも舌鼓を打ちましたが、設計者にとってなにより喜びは建築主に
建物について満足して頂いてることを聞くのが一番のごちそうです。
T夫妻、沢山のほっぺたの落ちる話を有り難うございました。m(_ _)m
[PR]

by syncstudio | 2008-04-14 09:05 | おいしいもの
2008年 04月 10日

鉄骨階段

サクラもすっかり葉桜になってしまいましたね。
花見の時期に巷では風邪が流行っていましたが、私デコも10日間程使い物に
ならなくなっていました・・・。
体だけは強いつもりでいましたが、点滴を何度打っても回復せず、仕事も山のように
溜ってしまいました。。。事務所のみんなには迷惑をかけましたm(_ _)m
みなさんもいつまでも若いと思っていると、一気に無理が来ますのでご用心を。

さてさて、シンクスタジオ工事は私が寝込んでいる間も順調に進んでいます。
階段の吊り込みの様子。建て方が無事に終わり、ブレースが入りぐっと
丈夫な鉄骨躯体が見えて来ました。

d0115217_8503768.jpg

d0115217_8511662.jpg

d0115217_8513738.jpg

シンクスタジオは地下1階地上3階建てですが、その中に表情の異なる5つの鉄骨階段
が取り付きます。
ブリッジまで合わせると計6つの階段がこの建物の意匠上のポイントでもあります。
鉄骨階段は今回は鉄骨工事の安東工業所さんに作って頂きました。
レーザー加工された稲妻階段やキャンチレバーの25ミリの亜鉛メッキ階段など
難しい形状ばかりでしたが、綺麗に作って頂きました。

d0115217_85271.jpg

d0115217_8522778.jpg

テラスのキャンチ階段。飛び込み板のように跳ね出してます。

d0115217_8524931.jpg

屋上から淀川を望む。想像以上の景色です。
頑張ってこの敷地を買った意味がありました。

d0115217_853452.jpg

デッキプレートが入って、スラブコンクリートを打設。
コンクリートが乾いたら次は外壁の下地となる鉄骨胴縁工事です。
[PR]

by syncstudio | 2008-04-10 09:26 | syncstudio office