シンクスタジオコラム

syncstudio.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

SPLIT/キッチン2

前回のキッチン1に引き続きSPRITキッチンの設備の紹介です。
全体のイメージに合うよう吟味して選びました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

最近はキッチン設備の定番となった「食洗機」はナショナルのものです。
従来の日本製の食洗機はボタンや給気口などを登載した操作部が大きく、
デザイン性に欠けたものが多いのですが、この食洗機は操作部がキッチンの
把手ラインとつながるようにうすくデザインされています。
また、主要ボタン以外を扉の上部に配置することによりすっきりとして印象を与えます。
現段階の国内製のビルトイン食洗機の中では機能面なども含めて一番いい食洗機
ではないかと個人的に思っています。

d0115217_1338163.jpg


水栓はGROHE社のミンタを使用。
ヘッド部が引出せるようになっています。
それにより葉もの類(ホウレン草など)の根っこ部分の洗い流しも簡単に!
シンクの掃除にも便利です。
なお、SPLITでは浄水器は設置していません。


d0115217_13412550.jpg

ガスコンロはフランス製のロジェールを選択。
これは建築主のご希望によるものです。
(いい趣味をしていらっしゃいます(⌒-⌒))
シンプルなデザインと日本仕様ではないスイッチのまわし方が海外の
雰囲気を醸し出しています。
付属のトップカバーは使用中は油ハネや煙の拡散防止となり、使用後は
コンロ部をきれいに隠すことができます。

d0115217_13424196.jpg

シンクスタジオでは、建物の雰囲気に合った設備を自分の好みで
選ぶことができます。
キッチンメーカーと同価格もしくはそれよりも安いお値段で世界に
ひとつだけのオリジナルキッチンが出来上がります。
大工さんや家具屋さんなどたくさんの人の手によって自分だけのために
作られたキッチンには強い愛着がわくはずです。
それをどんな風に使い勝手良くしていくのか・・・。
建築主によって変わっていくその後のキッチンを見るのも楽しみです!
[PR]

by syncstudio | 2008-03-31 10:10 | SPLIT(西淀川区 N邸)
2008年 03月 28日

鉄骨建方

d0115217_9144587.jpg


シンクスタジオオフィス建方の様子。
鉄骨は安東工業所吉川工場からトラック三台に分けて運んできました。
シンクスタジオオフィスの構造は鉄骨造ピンブレース造という構造です。

柱はコラム(四角パイプ)の125角、厚みは12ミリもあります。
全て壁内に納まる木造のようなスレンダーなサイズの柱です。
安東工業所さんの手によりテキパキと精度良く組み上げられて行きます。

d0115217_9152052.jpg

d0115217_915381.jpg

d0115217_916426.jpg


シンクスタジオオフィス敷地は大阪市北区にあり、土地の価格が高いので、
18坪の敷地になるべく目一杯に建物を建てています。
よって建物のアウトラインは敷地形状を正確にトレースしており、さらに内部は
スキップフロアの構成になっているので、難易度ウルトラC(古い?)の建物です。


d0115217_9162672.jpg

d0115217_917411.jpg


建方時にいつも感心するのですが、トビのみなさんは幅が100ミリもない高さ10Mの梁の上を
スイスイと歩きます・・・。私も高い所は大好きなのですが、こればかりは流石に真似出来ませんね。

d0115217_22115715.jpg


これまたかなり専門的な話になるのですが、
通常鉄骨には火災の際に鉄骨が溶けないように耐火被覆というものが必要なのですが、
この建物は1階のV字柱を鉄骨むき出しの表現にするため、1階の柱のどれかが火災の時に
焼け落ちた時にも耐えられるしっかりとした構造にすることで、耐火被覆をなくしています。
(構造計算上はV字柱がなくなっても問題なく建つ構造になっています。ちょっと自慢)

d0115217_22122829.jpg


心配していた建方も井上工務店さんと安東工業所さんの高い技術力で1日で無事終了しました。
次は引き続き鉄骨階段の取付けです。
[PR]

by syncstudio | 2008-03-28 23:10 | syncstudio office
2008年 03月 24日

竣工写真撮影

宝塚T邸リノベーションが無事竣工致しました。
オープンハウス当日は午前中雨が残った日にも関わらず盛況の内に終了致しました。
足元の悪い中、来場してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

続けて写真家母倉氏による、竣工写真を二日に分けて撮影。
年度末のお仕事の忙しい時期にも関わらず、流石のプロの仕事を見せて頂けました。
写真は出来次第アップさせて頂きます、お楽しみに。。。

引越も無事終了し、あとはご家族がどのように使いこなして頂けるかお手並み拝見です。
一ヶ月程してから伺う予定にしています。


d0115217_9324686.jpg

[PR]

by syncstudio | 2008-03-24 09:40 | 宝塚 T邸リノベーション
2008年 03月 08日

T邸リノベーション経過報告1

今回のリノベーションではバスルームを
ユニットバスではなくタイル貼り、置き型バス、出窓付という
通常のマンション住まいでは味わえないバスルームを目指しています。
d0115217_13241597.jpg

d0115217_13244323.jpg

d0115217_13261018.jpg

FRP防水で新たに防水層を施工します。

d0115217_13264888.jpg

d0115217_13275757.jpg

さらにモルタル塗りをして、タイル貼りです。

あと大きな特徴がひとつあるのですが、それは後日にしておきます。
気付く人もいるかと思いますが・・・。

躯体の状態は良いと思ったのですが、
床の不陸があったのでセルフレベリング材を使いました。
この上に防音マットを敷き、無垢フローリングで仕上げます。
d0115217_13302132.jpg
d0115217_1331148.jpg

このリノベーション工事では左官屋さんが連日作業しています。

大工工事も進んでいます。
だんだんとプランが形になってきました。
d0115217_13315114.jpg

[PR]

by syncstudio | 2008-03-08 13:41 | 宝塚 T邸リノベーション