シンクスタジオコラム

syncstudio.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建物探訪( 14 )


2011年 02月 22日

豊島美術館

二日目は昨年末に出来たてホヤホヤの西沢立衛さん設計による豊島美術館へ。

朝から一日美術館にいましたと言いたいところですが、
現実には建物ばかり見ていては奥様に怒られますので、その前に家族サービスの
イチゴ狩りに行ったところの写真もしっかり上げておきます(^-^)

d0115217_15132213.jpg


内部は撮影禁止でしたので、撮れたのは外観写真だけですが、動画があったので上げておきます。

d0115217_15133637.jpg

d0115217_15134048.jpg




友人達は美術館に行くと言っていたので、絵とか彫刻が一杯あるものだと思っていたそうで
申し訳ないことをしたのですが、アーティスト・内藤礼さんによる単独の美術館です。

季節と時間により無限の表情を見せる泉と水滴。
これもまた震えるくらいすごい建物です。
鹿島建設の施工もピカイチで、コンクリートシェルの美しさは惚れ惚れします。
アプローチのコンクリート道も彫刻みたい。
d0115217_15135867.jpg


日本の施工レベルってやっぱりすごいなーと考えながら、安部良さん設計の
島キッチンでランチを食べて帰路につきました。

思い返すと、私のわがままな建築行脚の旅につき合ってくれる
やさしい友人達に囲まれて幸せな旅行でした。
みんなどうもありがとうm(_ _)m。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
よろしければ是非ホームページもご覧下さい。
一級建築士事務所シンクスタジオHP:大阪関西を中心に活動する設計事務所
シンクスタジオのホームページです。お仕事の事例写真や事務所概要などを掲載しています。

一級建築士事務所シンクスタジオコラム:大阪関西を中心に活動する設計事務所のブログ
事務所スタッフが交代で建築から子供のことまで幅広くのんびりとつづっています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]

by syncstudio | 2011-02-22 15:19 | 建物探訪
2011年 02月 21日

犬島精錬所

杉本です。
先日、瀬戸内観光に行って来ました。
目的は犬島の精錬所と豊島の豊島美術館です。

初日は三分一博志さん設計の犬島精錬所へ。
明治末から大正初期にかけて10年間銅の精錬に使われていた施設のリノベーションです。
説明の難しい施設なので、ベネッセの施設紹介文を引用。
d0115217_14235568.jpg

「犬島アートプロジェクト「精錬所」は、犬島に残る銅精錬所の遺構を保存・再生した美術館です。
「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと作られた「精錬所」は既存の煙突
やカラミ煉瓦、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に不可を与えない三分一博志の建築
と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典の作品、また植物の力を利用
した高度な水質浄化システムを導入しています。「遺産、建築、アート、環境」によ る新たな地域
創造のモデルとして、循環型社会を意識したプロジェクトといえます。」

d0115217_1424718.jpg

設計者が「地球のディテール」と呼ぶ環境調和装置は冬場は
あまり感じることができませんでしたが、
カラミレンガなど普通は建築資材として使わないような素材を
多種にわたってまとめ上げる力は圧巻です。
「ヒャー」とか「スゲー」とか連発です。
それよりこれにお金をだす福武さんはもっとスゴイ。

d0115217_14241245.jpg

建築行脚に同行してもらった(無理矢理つき合わせた?)設計を生業としない友人達も
楽しんで頂けたようでしたのでほっとしました。
晩ご飯は今がシーズンのワタリガニと日本酒に舌鼓を打って、レポートは二日目に続きます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
よろしければ是非ホームページもご覧下さい。
一級建築士事務所シンクスタジオHP:大阪関西を中心に活動する設計事務所
シンクスタジオのホームページです。お仕事の事例写真や事務所概要などを掲載しています。

一級建築士事務所シンクスタジオコラム:大阪関西を中心に活動する設計事務所のブログ
事務所スタッフが交代で建築から子供のことまで幅広くのんびりとつづっています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]

by syncstudio | 2011-02-21 14:27 | 建物探訪
2010年 07月 26日

「六甲枝垂れ」

杉本です。

週末、六甲に行った帰りに「六甲枝垂れ」を見て来ました。
コンペの公開講評会から見ていたので、完成を楽しみにしていた建物です。

d0115217_1441164.jpg

コンペ案からは色々と変わっていましたが、より純化されて良い建物に
なっているのではないでしょうか。
この形状を決定づけた、真冬の樹氷に覆われた「六甲枝垂れ」も早く見てみたいですね。

d0115217_14412931.jpg
d0115217_14414265.jpg


それにしても、公共の建築物がコンペで選んでおきながら次々に中止に終わる中、
この建物を完成させた阪神総合レジャー株式会社は素晴らしいクライアントですね。
今後も若手の建築家にこのようなチャンスを作り続けて欲しいものです。
[PR]

by syncstudio | 2010-07-26 14:45 | 建物探訪
2010年 05月 13日

ドアーズダイニング

杉本です。
今日のランチは遠出して、事務所みんなで船場のアーバンリサーチドアーズダイニングまで
足を伸ばしました。

d0115217_2071568.jpg

なぜそんな所までお昼を食べに行くかというと、今計画している住宅のリサーチの為。

d0115217_2073731.jpg

いい感じのレトロ感です。

d0115217_2075532.jpg

ランチのプレート 野菜が甘くてびっくり。

d0115217_20810100.jpg

使われている素材は大谷石と杉板コンクリート打ち放しという高級仕上げ・・・。
これをそのまま再現する事はコスト的に難しいですが、なんとか要望に近づけたいものです。
[PR]

by syncstudio | 2010-05-13 20:21 | 建物探訪
2010年 03月 24日

ハシゴでオープンハウス

杉本です。
昨日、京都の建築家アルファヴィルさんのオープンハウスに行って来ました。
雑誌で見る建物も良いですが、やはり現物を見せて頂くのがもっとも為になるので
月に2回くらいは色々な事務所のオープンハウスに出かけて、勉強させて頂いています。

d0115217_1344447.jpg
d0115217_1345690.jpg


外観は至っておとなしく、周辺環境になじませてあるのですが、
内部はなかなかアヴァンギャルドな構成になっています。
 
昼からは場所を大阪に移動して、日本で一番有名な建築家の現場を見学。
一般非公開のオープンハウス?だったため写真はありませんが、大御所の技の極みを
堪能させて頂きました。

一日に好対照とも言える2つの建物を体感させて頂いて、色々と感じることがありました。
この経験を活かして、シンクスタジオもさらに頑張らねば!
[PR]

by syncstudio | 2010-03-24 13:29 | 建物探訪
2009年 11月 28日

宝塚市庁舎

確認申請の準備、調べものなどの用があり
宝塚市役所に行ってきました。

何度か来てるのですが、
設計が村野藤吾さんということで
市庁舎の写真を何枚か撮りました。
d0115217_1373324.jpg

同ピッチの列柱がリズミカルな外観です。
細部のディテールや、地下への螺旋階段など
こだわりが感じられたのですが、
ゆっくり見て回る時間がなかったです。
d0115217_1375593.jpg

調べると1980年竣工なので以外と新しい。
それにしても竣工当時で村野氏89歳、それからも意欲に仕事を
していたというから驚きですね。
[PR]

by syncstudio | 2009-11-28 13:14 | 建物探訪
2009年 10月 13日

芸術の廃墟

杉本です。
週末に毎年恒例のSDレビューを見に母校に行ってきました。
去年は忙しくて行けなかったので2年ぶりの芸大です。
SDレビューとは・・・。

d0115217_1744051.jpg

d0115217_1744118.jpg

若手建築家の登竜門と位置づけされる、実際に建つ建物に限っての展覧会です。
毎年刺激をもらいにいくのですが、今年は少し小粒な刺激だったかもしれません。

それよりも二年ぶりだったせいで、学内がさらに変化していたことに驚きました。
昭和39年にコンペにより選ばれた高橋テイイチ先生(MR.コンクリート)が、
設計したコンクリートの山岳都市が幻のように消されつつあります。

高橋先生が退官されてから、某組織事務所と某ゼネコンにより徐々に荒されていましたが
ついに壊滅状態です。総合芸術大学の学舎がこんなことでは・・・お先真っ暗ですね。

d0115217_17441954.jpg

例えばメイン通りに面した映画館・・・もうすこしサインなんとかならないの(笑)

d0115217_17442858.jpg

新校舎と旧校舎の対比。このタイルの色分けにはどんな意味があるのでしょう( ̄▽ ̄;)
ちなみに校舎の中程に縦にまっすぐ通っているのは雨水配管・・・・見ていて涙が出そうです。

d0115217_17444112.jpg


思い出の詰まった建築学科製図棟もついに、耐震補強という名目でスケルトン状態に。
某ゼネコンにハチャメチャにされる前の今のこの状態が、コルビュジエのドミノシステム
のように美しいのがさらに哀愁を誘います。

学生時代には本物を沢山みて、審美眼を養う事が学生の本分だと思いますが、
これでは、次世代のアーキテクトは出てきませんよ、学長さん。
あまりに悲しすぎて愚痴ブログになってしまいました。次回は明るい話題を取り上げます(^-^;A
[PR]

by syncstudio | 2009-10-13 17:50 | 建物探訪
2009年 01月 26日

雨の東京

先週、コンぺの表彰式と雑誌社との打合せで東京に3日間出張してきました。
今回はあいにく3日間とも天気が悪く、見学を予定していた建物を半分程度に
減らしてのんびりと展示内容を楽しんできました。

d0115217_1248737.jpg

d0115217_12482053.jpg

d0115217_12483254.jpg

d0115217_12484575.jpg


写真は上から 
前川国男邸 外観
前川国男邸 内観
東京ちひろ美術館
日本民藝館

最近出来た建物は全く見に行っておりません(笑)

小雨が降る中だったせいもあって、どの建物も人が少なくゆっくりと空間を
堪能することが出来ました。
たまには雨の建物探訪もいいものですね。
[PR]

by syncstudio | 2009-01-26 14:02 | 建物探訪
2008年 11月 10日

海を見る為の宿

d0115217_1711143.jpg

d0115217_17104853.jpg


最近ガス欠気味だったので、久しぶりに和歌山に一泊旅行に行って来ました。
前から行きたかった海椿葉山という6室しかない宿に泊まる為の旅行です。
設計者は竹原義二氏。大した目的はなく、ただただ海を見る為に泊まりました。
平日だった為か、宿は二組だけで、温泉も貸し切り状態。
久しぶりに何もせずにゆったりと過ごす事ができました。
たまには何もしない旅行もいいですね。年末までのフル充電完了です。
[PR]

by syncstudio | 2008-11-10 17:30 | 建物探訪
2008年 01月 16日

母胎回帰

先日、宝塚南口で昨年から実施設計を進めていたプロジェクトの現場説明を行いました。
午前中の1社の現場説明を終え、空いた時間に宝塚カトリック教会を見学しました。
設計者は故村野藤吾氏。大阪そごう百貨店や一連の関西大学校舎、日生劇場などで
有名な日本を代表する建築家です。

周囲はびっちりと住宅が建て込み、直ぐ横を阪急電車が走ります。
決して裕福とは言えない宗派の教会です。

d0115217_14583067.jpg

d0115217_14584351.jpg


d0115217_14585913.jpg

d0115217_145921100.jpg

d0115217_14594383.jpg


内部はクジラに飲み込まれたような、ユニークは形状をしています。
母胎回帰したような感覚でしょうか・・・。
なにより特徴的な天井のうねる全艶縁甲板が、スリットから入った光を反射させて輝きます。
阪急電車が通ると、ハイサイドライトから電車がうっすら天井に写り込むところが面白い。

d0115217_1459564.jpg


竣工当時から使われている設計者がデザインした椅子。
椅子一つとってもこの建物が愛されていることが伝わって来ます。

神聖な空間で1時間程佇むと、荒んだ心がすっかり洗われました。
建築という物には人を高揚させたり、敬虔な気持ちにさせる程、
凄い力があるものだと改めて感じます。
巨匠のパワーを体一杯に貰って、今年も仕事に打ち込む決意をした一日でした。
[PR]

by syncstudio | 2008-01-16 15:45 | 建物探訪