シンクスタジオコラム

syncstudio.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 17日

黒皮仕上げ

d0115217_11315128.jpg

過ごし良い季節になって来ました。雨も少なく順調に工事が伸びる時期です。
様々な工種が入り乱れている時期ですが、今回は金物工事の報告です。
シンクスタジオオフィスは工事費における金物工事の比率が非常に高い建物です。
なぜかと話し出すと長くなるのですが、簡単に。。。

この敷地は、機関車のボイラーを作っていた工場が計画道路により分断され出来たヘタ地です。
ヘタ地の形状が奥行きが浅く(4M)間口は広く(50M)使い勝手が悪く、長期間ガレージとして利用されていました。
そのガレージが4軒に分割され売り建て条件付土地として販売されたところを建築条件を外して購入した土地です。

私にとって、この場所は幼少時に工場に潜り込んで毎日基地を作って遊んだ思い出の場所。
この仕事を生業としたきっかけである大切な場所です。
その場所で事務所を建てるにあたり、いつまでもシンクスタジオが物を創り出す「町工場」で
ありたいという思いと、幼少時の心象風景である「工場」の記憶を様々な建築部品でトレース
していくというコンセプトで各要素が決定されています。

よって今回は、通常家具工事で作る物も、意識的に工場の匂いがするように、スチールで作っています。

d0115217_113253.jpg


今回はその中でも見所である、事務所本棚の取付け・塗装作業です。
スチール4.5ミリの板を曲げて作った単純なつくりです。3段で1本の長さが10Mあります。
溶接による歪みがでないように支持方法、連結方法を長時間かけてスタディしました。
仕上げは黒皮(ミルスケール)仕上げの上クリア塗装。通常仕上げには使わない仕様です。

d0115217_11322229.jpg


鉄らしさを出来る限り残せるように溶接跡やサンダー跡はそのままに残してクリア塗装を掛けて終わりです。

d0115217_11332927.jpg

見る角度によって、玉虫のように色合いが変わって見えます。予想以上の仕上がりです。
松田さん精度良く作って下さって有り難うございました。m(_ _)m

d0115217_11335266.jpg


少々、ドナルド・ジャッドを意識した形状です。
細長い敷地を強調する長い長い本棚。単なる本棚ではない使い方をする予定です。
使い方については・・・完成時のお楽しみとしておきます。
[PR]

by syncstudio | 2008-05-17 12:27 | syncstudio office


<< 生中継      胴縁工事・サッシ工事 >>